happy m’s

シアワセは空に浮かんでたり、道端に咲いてたり、手の平にあったりするのです。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

3月分読書記録

2016年3月の読書メーター
読んだ本の数:2冊
読んだページ数:599ページ
ナイス数:16ナイス

不機嫌な弟 (キャラ文庫)不機嫌な弟 (キャラ文庫)
読了日:3月30日 著者:田知花千夏
英国幻視の少年たち (ポプラ文庫ピュアフル)英国幻視の少年たち (ポプラ文庫ピュアフル)
読了日:3月26日 著者:深沢仁

読書メーター
スポンサーサイト
[ 2016/04/08 22:32 ] 読書記録 | TB(-) | こめんと(0)

1月分読書記録

2016年1月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1609ページ
ナイス数:30ナイス

空と鏡界の守護者 2 (ビーズログ文庫)空と鏡界の守護者 2 (ビーズログ文庫)感想
この巻、隠れてた設定が浮上してきました。ただのワーワーした学園モノかと思いきや、開けてみればなかなか混みいった事情や人間関係など出てきて、今後の展開が楽しみ。どういう流れになるか読めない面白さ。リトは、この件で男の子から男に成長したかな。踏ん張れ。お兄ちゃん良い人。
読了日:1月19日 著者:小椋春歌
シンデレラ伯爵家の靴箱館 彼方の乙女は愛おしき (ビーズログ文庫)シンデレラ伯爵家の靴箱館 彼方の乙女は愛おしき (ビーズログ文庫)感想
巻数が進めば進むほど、読めば読むほど味が出る作品。ふあー次で最終巻なのはあまりにも惜しすぎる。しかし、物語としては「頃合い」なのかもしれません。ほんと惜しいけど。エデルが魅力的だと思うのは、アランとの関係を諦めないところ。身分違いとか靴を作り続けたいとかちゃんとわかってる上でも浅はかに身を引こうとしないところは素晴らしい。二人の行く末をしっかり見届けたい。…あきさんのあとがきマンガ、セスさんがかわいそうでした(笑) もっとやれ!
読了日:1月17日 著者:仲村つばき
妖怪と小説家 (富士見L文庫)妖怪と小説家 (富士見L文庫)
読了日:1月14日 著者:野梨原花南
スノー・ドロップ セリアと恋の調薬師 (角川ビーンズ文庫)スノー・ドロップ セリアと恋の調薬師 (角川ビーンズ文庫)
読了日:1月13日 著者:萩野てまり
ペーパー・バック  (1) (幻冬舎ルチル文庫)ペーパー・バック (1) (幻冬舎ルチル文庫)
読了日:1月13日 著者:一穂ミチ
宝石商リチャード氏の謎鑑定 (集英社オレンジ文庫)宝石商リチャード氏の謎鑑定 (集英社オレンジ文庫)感想
購読して良かったと心から思った作品。宝石は詳しくはないけどやはり好きで、展示してあると魅入ってしまいます。その宝石のような美貌を持つ宝石商リチャードさんと、酔っ払いに絡まれていた彼を助けた正義青年の運命のような出会いから始まる物語。とにかく二人のキャラがいい。天然口説き魔・正義と黙って静かに照れてるリチャード氏のかけあいが楽しくて仕方なかった。実はヒートという手法も初めて知った。ぜひともシリーズ化して欲しい。…デパートのジュエリー売り場のお姉さんとは仲良くなれそうだ。ゴルゴ谷本もかっこいい(笑)
読了日:1月6日 著者:辻村七子

読書メーター
[ 2016/02/16 22:15 ] 読書記録 | TB(-) | こめんと(0)

12月分読書記録

2015年11月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:2266ページ
ナイス数:53ナイス

お見合いはご遠慮します (一迅社文庫アイリス)お見合いはご遠慮します (一迅社文庫アイリス)感想
この作家さんのちょっと変態チックなキャラと会話好きなので購読(笑)しかも挿絵がねぎしさんときたら買うしかなかろう。内容も期待以上の変態チック(褒め言葉)で楽しかったです。キラキラ王子様、甘噛みしたくなりますが噛んだら苦味ありそうなキャラですね。これ、もしかして続くんですか。まだ解決されてないので次巻も期待。
読了日:11月24日 著者:佐槻奏多
神さまになりまして、 ヒトの名前を捨てました。 (ビーズログ文庫アリス)神さまになりまして、 ヒトの名前を捨てました。 (ビーズログ文庫アリス)感想
千鳥さんをみんなで愛でましょう♡という本。(ザッパな説明)いや、ほんと千鳥さんがかわいてかわいーてたまらんな!まだ現千鳥さんチームは発進したばかりで、ぎこちなかったり歯がゆいとこが目立つけども、そこがどう成長していくのかが今後の楽しみですね。…シリーズ化するよね?
読了日:11月19日 著者:石田リンネ
今度こそ幸せになります! 4 (レジーナ文庫 レジーナブックス)今度こそ幸せになります! 4 (レジーナ文庫 レジーナブックス)
読了日:11月17日 著者:斎木リコ
(仮)花嫁のやんごとなき事情 ~離婚しちゃうと絶体絶命!?~ (ビーズログ文庫)(仮)花嫁のやんごとなき事情 ~離婚しちゃうと絶体絶命!?~ (ビーズログ文庫)感想
前巻が外道な終わり方だったので、この新刊が出るギリギリまで読めてなかったチキンな私。というわけで、前巻とこの新刊を続けて読了。巻数も伊達じゃないんだねってぐらい、二人の絆というか夫婦っぷりに感慨深い。フェルはほんとに強い子ね。旦那様ありきなんだけども。クロウとフェルはもちろんだけど、他の兄弟達もみんなが必死でガンバレーガンバレーッ!てともに手に汗にぎって話にのめり込んだ。クロウさんのヒロインオーラに惚れ惚れ。髪がさみしくなったら若くなったね。っていうか可愛いよ?
読了日:11月17日 著者:夕鷺かのう
(仮)花嫁のやんごとなき事情 -離婚のはずが大波乱!?- (ビーズログ文庫)(仮)花嫁のやんごとなき事情 -離婚のはずが大波乱!?- (ビーズログ文庫)
読了日:11月17日 著者:夕鷺かのう
夜が明けても (ディアプラス・コミックス)夜が明けても (ディアプラス・コミックス)感想
絵柄やコマ、流れがシンプルだけどハッとさせられる作風がとても好き。ちまこちゃんが男前やらカワイイやらでどうしようかと思いました。メガネはいいですね。ちまこちゃんのメガネ(サービスシーン的な)最高かよ。うーちゃんのすがるような必死な目がちまこちゃん同様惹きつけられます。
読了日:11月8日 著者:まさお三月
身代わり伯爵の結婚行進曲 (6) 光と歩む終幕 (下) (角川ビーンズ文庫)身代わり伯爵の結婚行進曲 (6) 光と歩む終幕 (下) (角川ビーンズ文庫)
読了日:11月7日 著者:清家未森
テンカウント(4) (ディアプラス・コミックス)テンカウント(4) (ディアプラス・コミックス)感想
城谷さんの過去がおおまかな感じで見えてきた。ここから潔癖症が始まったわけですね。まさかの近親愛(一方的に)。巻ごとにエロがエスカレートしてきて早くイクとこまでイッてくれ!ってなってます(笑) 黒瀬くんもなかなかこじれてるようで今後も目が離せません。
読了日:11月4日 著者:宝井理人
赤と黒の針騎士  預言に挑む恋の名は (角川ビーンズ文庫)赤と黒の針騎士 預言に挑む恋の名は (角川ビーンズ文庫)感想
もしかしてこれで完結かな?な終わり方ですが、とりあえず収まるところに収まった感じで落ちついたかな。これからのラブがもっと見たいんですけど、そういえば前作もこんなノリでの終了でしたね。もったいない。キャラの一人一人が魅力的だし話の広がりももっといろいろあったはずなのにな。しかし、ヘタに長くシリーズ化して広がりすぎても話が薄くなるだろうし、これはこれでアリなのかとも思います。おもしろかった。
読了日:11月3日 著者:永瀬さらさ
求めてやまない (ディアプラス・コミックス)求めてやまない (ディアプラス・コミックス)感想
以前から読みたいと思ってたまさお作品。初読みです。インスピレーションどおり好みのど真ん中でございました。丸ごとタイトル作品というのも満足感。忍さんの意外な積極性や色気の滲み方が素晴らしかった。辰巳さんの目力にドキッとするシーンも惹かれた。既刊にも手を出していこうと決意するには充分な作品でした。
読了日:11月3日 著者:まさお三月

読書メーター
[ 2015/12/27 15:07 ] 読書記録 | TB(-) | こめんと(0)

10月分読書記録

2015年10月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:2274ページ
ナイス数:25ナイス

俺の婚約者がこんなにかわいい!: キラキラ王子様の過保護な愛情 (ティアラ文庫)俺の婚約者がこんなにかわいい!: キラキラ王子様の過保護な愛情 (ティアラ文庫)
読了日:10月20日 著者:ひより
今度こそ幸せになります!〈1〉 (レジーナ文庫)今度こそ幸せになります!〈1〉 (レジーナ文庫)
読了日:10月17日 著者:斎木リコ
今度こそ幸せになります!〈3〉 (レジーナ文庫)今度こそ幸せになります!〈3〉 (レジーナ文庫)
読了日:10月17日 著者:斎木リコ
今度こそ幸せになります!〈2〉 (レジーナ文庫)今度こそ幸せになります!〈2〉 (レジーナ文庫)
読了日:10月17日 著者:斎木リコ
月の魔法は恋を紡ぐ -魅惑の舞踏会は嫉妬の嵐!- (ビーズログ文庫)月の魔法は恋を紡ぐ -魅惑の舞踏会は嫉妬の嵐!- (ビーズログ文庫)
読了日:10月17日 著者:富樫聖夜
恋と悪魔と黙示録 身代わり聖女と不思議なお茶会 (一迅社文庫アイリス)恋と悪魔と黙示録 身代わり聖女と不思議なお茶会 (一迅社文庫アイリス)感想
設定を知った時点でいずれはこうなる運命なんだろう、と思ってはいた。思ってはいたけど実際そうなるとこんなにも辛くて苦しいものとは。糸森作品だし、情け容赦のない展開も魅力なんだけど、大好きな愛しのヴィネト様でやられるとキッツイな!そしてたぶん…絶対にこのままじゃない。さらなる苛酷な展開が待ってるんだよ。まったく、作者さんの手のひらに踊らされてるって自覚しつつじりじりと次巻を待つ。
読了日:10月11日 著者:糸森環
箱入り王女の災難  時間と秘密と天使のワルツ (角川ビーンズ文庫)箱入り王女の災難 時間と秘密と天使のワルツ (角川ビーンズ文庫)感想
泣きべそかきながら王に向かって頑張るフレデリカ。そら豆人形に対する言動があいかわらずめっちゃカワイイ!そしてあとがきのとおり、イザークさん苦労性増してる増してる。新たな天使を味方につけ、これからも楽しみな作品。
読了日:10月3日 著者:三川みり

読書メーター
[ 2015/11/08 22:14 ] 読書記録 | TB(-) | こめんと(0)

9月分読書記録

2015年9月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:1969ページ
ナイス数:62ナイス

一の食卓 2 (花とゆめCOMICS)一の食卓 2 (花とゆめCOMICS)
読了日:9月30日 著者:樹なつみ
スキップ・ビート! 37 (花とゆめCOMICS)スキップ・ビート! 37 (花とゆめCOMICS)感想
ようやく根本的な話の展開になってきた。いろんな経験を積んで、なんとか立ち向かえる環境にキョーコがいることが感慨深い。とは言ってもあまりにもキツイ状況。母親のあれはキョーコの母親だからね、自分は母親としての資格はないんだ、とかそういう意味を持ってそうかな、て。似てるんじゃないかなー真っ直ぐすぎる性格が。方向はちがっても。そしてコーン(蓮)。あれがほんとにホッとした!来てくれてありがとう!そして気づいてないなキョーコ。とにかく次巻!待ち遠しい!
読了日:9月22日 著者:仲村佳樹
リモコン彼氏 (GUSH COMICS)リモコン彼氏 (GUSH COMICS)
読了日:9月18日 著者:志々藤からり
空と鏡界の守護者 (ビーズログ文庫)空と鏡界の守護者 (ビーズログ文庫)
読了日:9月18日 著者:小椋春歌
シンデレラ伯爵家の靴箱館 偽りの乙女は時をかける (ビーズログ文庫)シンデレラ伯爵家の靴箱館 偽りの乙女は時をかける (ビーズログ文庫)
読了日:9月18日 著者:仲村つばき
一路(下) (中公文庫)一路(下) (中公文庫)感想
上巻に続いて下巻も一気読み。上巻に増して展開が面白くなっている。御殿様であられる蒔坂左京大夫の、天才肌な奇人ぶりが最高です。うつけと思わせて実は…みたいなキャラは多く出てますが、この御殿様もまたまわりを惹いてやまない愛すべき人物。メインである一路はもちろん、彼をとりまく人物一人一人の生きざまが丁寧に書かれていて読んでてまったく飽きない。くすっと笑ったりじんわり感動したり、ぐっと憤ったり、もらい泣きしたり。大きな感情の波はないけれど、読後になんだか涙が出た。台詞もノリが良い。「葱かよ……」のツッコミ最高。
読了日:9月13日 著者:浅田次郎
一路(上) (中公文庫)一路(上) (中公文庫)感想
ドラマを見て原作に手を出しました。時代小説ということで、硬い文章で読みづらいかなぁと覚悟してましたが、まったくそんなことはなく、逆にやわらかい文章とリズム感のある話の流れに一気読み。もちろん、時代物特有の専門用語や日本史的な説明などはありますけど、それが気にならないほどの個性的で魅力的な登場人物の面々。参勤交代、しかもあえて困難な古式ゆかしい“しきたり”にのっとって進むことを選んだ上、そこに陰謀がついてくる蒔坂家御一行。これは最後まで見届けるしかないでしょう。
読了日:9月13日 著者:浅田次郎
宵闇の王国 路地裏の吸血鬼と俺の事件録 (TO文庫)宵闇の王国 路地裏の吸血鬼と俺の事件録 (TO文庫)感想
序章という感じですべてはまだ語られず、メイン二人の心境も手探り状態ですが、これからどう動くのか追っていきたくなる作品でした。いやしかし、これは腐れ脳の主としては夢(妄想ともいう)が宇宙の様に広がりますね!(満面の笑み)吸血シーンは少ないけれど、その時の色気というか官能というか、眷属となってしまった玲くんの高校生特有の瑞々しい無自覚色気最高です。主のエイドリアンは不器用な生き方してて焦れったいけど、そこに彼の強さと弱さが見えて、ああ、こりゃ玲くんほだされるわ、と思いました。ほだされるのはエイドリアンもかな。
読了日:9月6日 著者:鈴木麻純
階段坂の魔法使い  恋からはじまる月曜日 (角川ビーンズ文庫)階段坂の魔法使い 恋からはじまる月曜日 (角川ビーンズ文庫)感想
めちゃくちゃ惹きこまれた作品でした。始終、ヒロインに感情移入して泣きっぱなし。翌日の仕事に差し支えるのに夜更かししてまで一気読みしてしまった。とにかくヒロイン・ジュディが魅力的。自分を縛る呪いのせいで人や世界から一歩引いた言動ながら、それでもけなげに自分を見失わないであろうとする姿勢に好感がもてる。対する魔法使いさんですが…難点ばかりですが、でも憎めない!いろいろ揃いすぎてる(ほんとにもういろいろ!)ので憎めない!(笑) 今後も目が離せないシリーズ(ですよね?)になりそうです。
読了日:9月2日 著者:糸森環

読書メーター
[ 2015/10/17 22:09 ] 読書記録 | TB(-) | こめんと(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。