happy m’s

シアワセは空に浮かんでたり、道端に咲いてたり、手の平にあったりするのです。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

10月分読書記録

2013年10月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:2665ページ
ナイス数:24ナイス

町民C、勇者様に拉致される 番外編 (レジーナブックス)町民C、勇者様に拉致される 番外編 (レジーナブックス)感想
先にブログの方で夫婦話を読んでいたので、そこに至るまでと、ちょろっと出ていた怪我の話や勇者パパの話が読めて嬉しかった。この作品を読んで思ったことは、やっぱりこの三人がすごく好きだなぁと。揃った時の雰囲気とか会話がすごく安心する。なかなかハードな内容になってるけど、読後感が素晴らしかった。もっとこのシリーズを読みたい。思う存分イチャコラしてほしいものです(笑)
読了日:10月29日 著者:つくえ
癒やしの姫のわけあり修業 魔法学院にお忍び入学 (一迅社文庫アイリス)癒やしの姫のわけあり修業 魔法学院にお忍び入学 (一迅社文庫アイリス)
読了日:10月24日 著者:芹名りせ
恋と悪魔と黙示録 身代わり魔術師と円環の葡萄祭 (一迅社文庫アイリス)恋と悪魔と黙示録 身代わり魔術師と円環の葡萄祭 (一迅社文庫アイリス)感想
読んでるこっちも恥じらいでもじもじしたくなるな、この乙女系けものは!セリフまわしが独特だけど、これがとてもリズム感がよくて心地よい。クセになりますね。メインキャラ達の個性も巻を増すごとに深くなり楽しくて仕方ない。
読了日:10月24日 著者:糸森環
(仮)花嫁のやんごとなき事情 -離婚の前に身代わり解消!?- (ビーズログ文庫)(仮)花嫁のやんごとなき事情 -離婚の前に身代わり解消!?- (ビーズログ文庫)
読了日:10月22日 著者:夕鷺かのう
町民C、勇者様に拉致される〈4〉 (レジーナ文庫)町民C、勇者様に拉致される〈4〉 (レジーナ文庫)感想
タイトルがタイトルなのでかるい気持ちで読み始めたけど、最終巻まで読んでみて、とても中身のしっかりしたお話だったなぁと思いました。わりとこみいった話になってて、これは読むたびに新鮮な気持ちで読めるような気がする。勇者サマかっちょいー。←最終的な感想
読了日:10月22日 著者:つくえ
トマトリップ〈2〉 (レジーナ文庫)トマトリップ〈2〉 (レジーナ文庫)感想
うん、ハッピーエンドですね。しかし、私としてはもっとこうちゃんと、というかもう少し王子様とイチャコラしてほしかったな、と。
読了日:10月22日 著者:夏目みや
侍女アイラの後宮事件簿 身代わり皇女は波瀾万丈!? (一迅社文庫アイリス)侍女アイラの後宮事件簿 身代わり皇女は波瀾万丈!? (一迅社文庫アイリス)感想
うーんうーん、何とも読後感がモヤモヤ。表紙に騙された感もハンパない。話としてはありきたりだけど掘り下げ方によってはとても楽しくなるんだと思う。ただ、まだ裏設定が出てないせいか、ほんとに話が上滑りになっててもったいない。皇女様も人柄がいいのはわかるんだけど、もう少し皇女らしい威厳とかあきらかに一般人とは違うオーラというのを出してほしかった。街に抜け出すのが日課、っていうのはわかるし、お酒好きなのもキャラがたって良いと思うけど、皇女の時との差を見たかったなぁ。
読了日:10月6日 著者:雨宮れん
ひねくれ宰相とエルフの姫君―恋をしたまえ、この僕に。 (一迅社文庫アイリス)ひねくれ宰相とエルフの姫君―恋をしたまえ、この僕に。 (一迅社文庫アイリス)感想
少々の耐性がある私には、もっと派手におおっぴろげに病んでもらってもかまいませんことよ、次期宰相殿(笑) 2巻と一緒に買ったせいで、これは伏線かな?とか余計な詮索をしすぎたのもあり、ちょっとだけ肩透かし感はあった。でも苦痛なくさらりと読める作品。では2巻に行きまーす。
読了日:10月5日 著者:夏目瑛子
身代わり伯爵の結婚行進曲  II決意と別れの夜 (角川ビーンズ文庫)身代わり伯爵の結婚行進曲 II決意と別れの夜 (角川ビーンズ文庫)
読了日:10月5日 著者:清家未森

読書メーター
スポンサーサイト
[ 2013/11/07 19:45 ] 読書記録 | TB(-) | こめんと(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。