happy m’s

シアワセは空に浮かんでたり、道端に咲いてたり、手の平にあったりするのです。。。
月別アーカイブ  [ 2015年07月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

6月分読書記録

2015年6月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1634ページ
ナイス数:52ナイス

王女コクランと願いの悪魔 (2) (富士見L文庫)王女コクランと願いの悪魔 (2) (富士見L文庫)感想
めでたしめでたしの後の始まりの物語。始まった途端に離れ離れとなったコクランとレクス。再び出逢い、そして幸せになるために奔走します。コクランの、ギリギリの心境での謀略が見てて苦しいけれど、すべてを諦め受け入れてた無気力な頃のコクランよりよほど良い。元悪魔のレクスは、人間であることに慣れるまで大変そうだけどどこかかわいらしくあるのは人柄(?)せいか。慣れてしまったら、悪魔時代に培った知識など本領発揮して、希望的予測ですが女王コクランを支える者として二人で国を変えていく方向にいくんじゃないかなーと思ってみたり。
読了日:6月25日 著者:入江君人
青を抱く (フルール文庫 ブルーライン)青を抱く (フルール文庫 ブルーライン)感想
一穂さん独特の静かにじわじわと深く食い込んでくるお話。話の根っこが複雑で当事者にしかわからない心境なんだと思うけど、それぞれが抱える想いが重くなりすぎて読んでる側もこれどうしたらいいの…と少々滅入りそうな展開。しかし、あいかわらずの描写力で、読んでる間は海の青にすべてが染まってた感じでした。泉の気持ちがつかみにくいようで、でも意外と早いうちから悋気をちらつかせてるところが子供っぽくてかわいかったり。最終的にハッピーエンドで落ちついてくれて安堵。
読了日:6月23日 著者:一穂ミチ
グラノール王国遊撃隊 紅眼の戦姫と誓いの剣 (ビーズログ文庫)グラノール王国遊撃隊 紅眼の戦姫と誓いの剣 (ビーズログ文庫)感想
他作品をネット小説にて拝読したことのある作家さん。最後まで迷わず進んであっさり読了した感じでしょうか。まっすぐすぎてワクワクドキドキが物足りなかった。なかなか楽しいキャラ揃いだったから余計にそれを使いきれなかったのかな。序章という目で見れば今後の伸びしろに期待。
読了日:6月21日 著者:村沢侑
世界のまんなか~イエスかノーか半分か 2~ (ディアプラス文庫)世界のまんなか~イエスかノーか半分か 2~ (ディアプラス文庫)感想
なんだよ計さん、ずいぶんと潮に甘えるようになってるな!二人の会話が楽しい。時間の経過が甘く感じられて嬉しい。しかしやっぱり計さんは計さんで取説必須な性格w 潮しか扱えないでしょう。計の嫉妬が見られて、潮への愛を実感できてよかった。かわいいんだよなぁ。潮じゃなくても押し倒したくなるわー。記憶喪失(?)の件も潮の本音を見ることができてよかった。愛されてるなぁお互い。
読了日:6月13日 著者:一穂ミチ
シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師たちの未来図 (角川ビーンズ文庫)シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師たちの未来図 (角川ビーンズ文庫)
読了日:6月6日 著者:三川みり
箱入り王女の災難  魔術と騎士と黒猫の序曲 (角川ビーンズ文庫)箱入り王女の災難 魔術と騎士と黒猫の序曲 (角川ビーンズ文庫)
読了日:6月6日 著者:三川みり

読書メーター
スポンサーサイト
[ 2015/07/11 22:17 ] 読書記録 | TB(-) | こめんと(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。