happy m’s

シアワセは空に浮かんでたり、道端に咲いてたり、手の平にあったりするのです。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

手探り

「いつも思うんだけど、葵って寝汚いよね」
「何よー、何怒ってんだよー」


 
by【KARYO-BINGA】

 
 
『手探り』



夢を見た。
とても怖い夢。
はっと覚醒はしてみたが、現実と夢の区別がつかず、目を開ける勇気がない。

だから、そろそろと手を動かして、そこにあるはずの感触を探す。
目を閉じたまま、ゆっくりと。




……あった。




シーツの中に隠れ埋もれている、大きな手。
緊張で強張っていた体から一気に力がぬける。

横たわっているはずなのに、どこかへ落ちそうな気がして思わずその大きな手を握りしめた。
それはまるで、溺れた者が無意識に何かにすがりつくような、本能的な仕草だった。

そのせいで思った以上に力が入ってしまい、咄嗟に強く握りしめた手を緩める。
起こしてしまっただろうか、とおそるおそる目を開けた。
怖くて開けられなかった目を。

そこには望む現実があった。
まったく起きる気配もなく眠り続ける、想い人。
ほっと安堵すると同時に、子供のように無防備に寝息をたてている彼が少々うらめしくなる。
その憂さを晴らす代わりに、今度は意識してその大きな手を力を込めて握りしめた。

彼は起きない。
寝息も乱れず、ひたすら安眠を貪っている。
だけど、その大きな手は確かに、はっきりと――握り返してきた。

泣きそうになった。
嬉しくて、幸せで、泣きそうになった。

もう、怖くない。
再び眠りについて夢を見たとしても、それは悪夢じゃない。


スポンサーサイト
[ 2010/09/19 09:37 ] 創作小話 | TB(-) | こめんと(1)
葵(あおい)♂、売れっ子バンド「KARYO-BINGA」のヴォーカル。
千早(ちはや)♀、医療系専門学校の事務員。

そんなカップルの話をシリーズで書いておりましたですよ、葉吹抹茶名義で。
いや懐かしいですね。(遠い目)
[ 2010/09/19 09:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。