happy m’s

シアワセは空に浮かんでたり、道端に咲いてたり、手の平にあったりするのです。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ちょっくら高千穂へ…

以前から両親が…特にママが行きたいと言っていた高千穂へ、土曜日の朝早くから日帰りで行ってきました。
高千穂は、パパは昔仕事で頻繁に行っていたし、ママも私も4・5回は行っているのですが、ここ20年近く行ってませんでした。
すごい久しぶりの高千穂、楽しみにねー!とウキウキ浮かれながら出発したわけですが。

まず、行く前に私の体調が悪くなりました。
いや、これはもう女子の宿命でして仕方ないわけですが。
鎮痛剤飲んで出発~v←ヤケクソ

しばらく行ってないうちに、なんか新しい道路ができてたりして、高千穂までスムーズで快適なドライブが楽しめました。
どうもパワースポットということで、観光客が昔よりも多くなってるらしく、最初に行った天岩戸神社と高千穂峡の駐車場には誘導員がいるほど。
昔はいなかった…!
それでも、GWなどの連休時よりは混雑してなかったんでしょうね。
どちらも楽に駐車できました。
でも、私達が出る頃は駐車待ちの車が3・4台ぐらいいましたね。
タイミング良かった!


taka-4.jpg
天岩戸。
祭りで畳を岩に見立てて、投げた距離を競うのがあるよね、確か。


taka-3.jpg
天岩戸神社。
ちょうど団体さんが来る前だったので、静かに落ちついて拝礼できました。


taka-1.jpg
高千穂峡。
ママの足の調子が悪いので、遊歩道などは歩かなかったんですが、ここはたとえ人が多くなったと言っても空気がどことなく清廉で、深呼吸したくなります。


taka-2.jpg
お約束(?)のボート。
小学生の頃、ママに乗せて乗せてとねだったんですが、水が怖いママは断固拒否してた思い出のボート。
怖いから、とは言わず、「そんな時間はないと!」と言ってたなー。
子供の私達は素直にえー、じゃあしょーがないかーとがっくりして諦めてたけど。
大人になってわかったママの事情。(笑)


taka-5.jpg
思い出の流しそうめん。
今回は季節も季節ですし、食べませんでしたが、小学生の頃、ぎゃーぎゃー騒ぎながらここでいただきました。
うちの弟が、一番上の席を陣取り、下の席にいる我々の分も食べて、みんなから怒られた思い出。
昔から要領の悪い私は、傾斜が上の方に右腕(お箸を持つ手)がくるように座ってしまい、うまくそうめんをつかめず四苦八苦したものです。
利き手が下の方にくるように座ると、流れてくるそうめんを受けとめやすい。これ基本。


taka-6.jpg
今回はヤマメのついてるうどん定食をいただきましたv
味に詳しいわけじゃないけれど、鮎みたいで美味しかったです。


taka-7.jpg
私のお土産。
きょろ漬け。
好物なんですが、これ、高千穂にしか売ってない!
しかも、高千穂に入ってすぐの道の駅では、「もう置いてないんですよ~」とか言われてすっごいがっかりしたんですが、高千穂峡のお店にはしっかり置いてあって、店に入った瞬間それを発見した私は「あったーっ!」って叫び、まわりの見知らぬ観光客の皆さんに微笑まれました。←あきらかに苦笑。

行って良かった~。
楽しかった~。
家族大満足で高千穂を出て、来た道を帰るのもつまんないからと、熊本に出て高速を通って帰ろうということになったわけですが…。

ここから地獄が始まりました。

私の車にナビは乗ってません。
そして「宮崎県内やから地図はいらんが~」と余裕ぶっこいていたので地図も持ってません。
スマホを見るのもめんどくさい。
標識見りゃなんとかなるが~と走ったのが間違いでした。

高千穂から五ヶ瀬へまわり、そして熊本入り。
そのまま松橋へ向かうはずが、途中で「人吉」の標識に惑わされ、そっちに向かったら。

山道でした。

急カーブ、急勾配、道幅も車1台やっと通れる山道でした。
…あとで地図見たら、九州山脈を上って下っていたという、ね。
なんでわざわざそこ通る?っていう道でした。
455号線。一生忘れない。ここ→マップ

途中、綾の吊り橋みたいなとこがあって、紅葉スポットでもあったらしく、車が混雑しててね~。
それなのにサイアクな山道でしょ?
何度、怒り泣きそうにながらバックしたでしょうか。
ほんとギリギリの道幅だから、すれ違うのにお互いミラーを引っ込めてみたりね。
心の底から思う。
二度とこんなとこ通るかー!

……。
でも、こんな道、実は初めてじゃない。
ひむか街道っていう山道がね、宮崎にもあるんだ。
美郷町方面ね。
ここは落石がいっぱいあってね。
落ちてくるんじゃなくて、落ちてるのね。
それ避けながら走るんだ。
道自体も悪くて、穴だらけなんだ。
パンクするかとびくびくしながら走って、二度とこんなとこ通るかー!と思った。

通っちゃった。

しかも何の因果か、熊本のこの道に入ったところが「美里」だしな。
ミサトつながり?
ピリピリしてる運転手の私を、両親が必死になだめてくれました。
「ここは落石がないからいいわ~」
そんなの嬉しくないし!

やっと人吉のインターチェンジに入った時は、みんなで万歳三唱しました。
2時間ぐらいロスしたよね。
真っ直ぐ松橋へ向かってたら、こんな苦労しなくて済んだ。

でもまあ、これもネタになって楽しい思い出。…と思うことにする。
確かに楽しかったしね。
とりあえず、今回の日帰り旅行で反省したこと。

「地図は持ち歩こう。停まって確認しよう」

でした。
指宿旅行の時も小さな迷子にはなったけど、すぐにどうにかなったし、甘く見てました。
スマホも、もっと活用しよう。ナビのアプリあるんだからさー。
スポンサーサイト
[ 2011/11/13 21:55 ] 日常 | TB(-) | こめんと(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。