happy m’s

シアワセは空に浮かんでたり、道端に咲いてたり、手の平にあったりするのです。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

9月分読書記録

2013年9月の読書メーター
読んだ本の数:12冊
読んだページ数:3609ページ
ナイス数:45ナイス

おこぼれ姫と円卓の騎士 皇帝の誕生 (ビーズログ文庫)おこぼれ姫と円卓の騎士 皇帝の誕生 (ビーズログ文庫)感想
ああーついにレティの意識して考えないよう封印してた感情に小さな穴が開いちゃった?その穴開けたの当人だっていう、ね。待っていた展開がやっときた感じでしょうか。恋愛フラグは今後の楽しみとして、今回は騎士第一席さんの実力が存分に発揮された上に第三席くんの身体的成長にもおお♡とかなって面白かった!この作品はほんとに巻ごとに多種多様な面白さを魅せてくれる。
読了日:9月29日 著者:石田リンネ
思い出のとき修理します 2 明日を動かす歯車 (集英社文庫)思い出のとき修理します 2 明日を動かす歯車 (集英社文庫)感想
続編が出るとは思わなかったのですごい嬉しかった!そしてあいかわらず谷さんらしい行間の色気というかふわりと匂う独特の雰囲気が絶好調でしたねw お話も現実と不思議の狭間でどちらとも区別がつかない、曖昧さが寂れた商店街の中での人間模様に深い味わいをあたえてます。ゆっくりでいいから、もっとこの世界観のお話を読みたい。まったく明里ちゃんは可愛いわ、秀ちゃんは天然タラシだわ、最高だね(*^u^*)
読了日:9月22日 著者:谷瑞恵
町民C、勇者様に拉致される〈3〉 (レジーナ文庫)町民C、勇者様に拉致される〈3〉 (レジーナ文庫)感想
こ、これはまた随分と入り組んだ展開になりましたね。結論から言うと神子ちゃんに関してはあまり心配はしてない。なんかもうこのマイペースさはどこまでも変わらないでしょう、正体が正体だけに。何が気になるかって、そりゃ幼馴染みコンビの勇者様と大神官様ですよ!こういう流れになるのはきっと避けられないとわかるけど、わかるだけに辛いな、と。さてどんな結末が待つのか。神子(元?)ちゃんの復活にて次巻へ。
読了日:9月22日 著者:つくえ
ふったらどしゃぶり When it rains, it pours (フルール文庫 ブルーライン)ふったらどしゃぶり When it rains, it pours (フルール文庫 ブルーライン)感想
安定の一穂ミチ作品。なんかすごいな、と単純に感慨深かった。扱いが難しいテーマであり、読み手の感覚というか考え方によって受け取り方も違う、奥行きと幅の広い作品になってる。けして印象がいいとはお互い思ってない二人が、どうなふうに近づくのかと興味深かった。ないわーみたいな事案により一気に近づいたわけだけど、それでも一穂さんらしい、わざとらしさを感じさせないで緩急がなめらかでありながら大きい、独特のリズム感のあるお話でした。二人の想い合い方と寄り添い方が好き。
読了日:9月21日 著者:一穂ミチ
(仮)花嫁のやんごとなき事情 ~離婚の裏に隠れた秘密!?~ (ビーズログ文庫)(仮)花嫁のやんごとなき事情 ~離婚の裏に隠れた秘密!?~ (ビーズログ文庫)感想
可愛いよ。心からその見た目はもちろん、度胸がありとんでも行動やらかしながらも可愛い乙女ぶりなフェル。しかし、おもくそ振り回されながらもブレずに強く想うクロウも手放しで褒めたい!(笑) 振り回されるのはお互い様か。展開はおもってたよりあっさりとお兄ちゃん陛下とシレイネ様が決着しましたね。そのかわりいやーな予感と不安を残して次巻へ。
読了日:9月20日 著者:夕鷺かのう
デ・コスタ家の優雅な獣5 (角川ビーンズ文庫)デ・コスタ家の優雅な獣5 (角川ビーンズ文庫)感想
うむ、希望どおりの終わり方で満足!ロージーがしたたかな女性に育ったけれど、根本的に可愛いままなのが余計に魅力的である。ノアもかっこかわいい←って感じが好き(*´ω`*)
読了日:9月20日 著者:喜多みどり
町民C、勇者様に拉致される〈2〉 (レジーナ文庫)町民C、勇者様に拉致される〈2〉 (レジーナ文庫)
読了日:9月15日 著者:つくえ
勇者様にいきなり求婚されたのですが〈3〉 (レジーナブックス)勇者様にいきなり求婚されたのですが〈3〉 (レジーナブックス)
読了日:9月15日 著者:富樫聖夜
勇者様にいきなり求婚されたのですが〈2〉 (レジーナブックス)勇者様にいきなり求婚されたのですが〈2〉 (レジーナブックス)
読了日:9月15日 著者:富樫聖夜
勇者様にいきなり求婚されたのですが (レジーナブックス)勇者様にいきなり求婚されたのですが (レジーナブックス)感想
文庫化待てず単行本で購入。結論:面白かった。3巻まで買った買いがあった!主役はもちろんだけど、出てくるキャラがとてもできあがっていて、読む側の視点次第でいろんな楽しみ方ができそう。安定の強さ(最強で最凶)の勇者グリード様がカワイイ。ワンコだけどちゃっかり自分の想いは譲らないとかね。対するモブだけどヒロインのアーリアもまわりに流されつつも惑わされてないしっかりさが魅力。たんに私の好みだって話だけかもしれませんが。読んでいくごとにじわじわと引きこまれる作品です。
読了日:9月8日 著者:富樫聖夜
世界最後の魔法使いの最後の恋 (一迅社文庫アイリス)世界最後の魔法使いの最後の恋 (一迅社文庫アイリス)感想
ヒロインが男前な性格でよかった。悩むのは悩むけど、無駄な回り道はせず自分を見失わいのが良い♡ヒーローは逆に可愛いとか(笑) サラさんが可愛いを連発した気持ちがとてもわかる!話もうまく1冊の中にまとまっててストレスのない読後感でした。
読了日:9月4日 著者:瑞山いつき
竜の紅石*執愛に揺れて (レジーナブックス)竜の紅石*執愛に揺れて (レジーナブックス)感想
んー、設定とかイラストとか好みなんだけど、読んでみたら少々物足りなさが。まさかの続刊ですかね?お互いの気持ちや仕草の描写、会話がもっと欲しかったな。
読了日:9月4日 著者:鳴澤うた

読書メーター
スポンサーサイト
[ 2013/10/03 21:15 ] 読書記録 | TB(-) | こめんと(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。