happy m’s

シアワセは空に浮かんでたり、道端に咲いてたり、手の平にあったりするのです。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

4月分読書記録

2014年4月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:2060ページ
ナイス数:27ナイス

人形姫オペレッタ 魔王様からの挑戦状 (一迅社文庫アイリス)人形姫オペレッタ 魔王様からの挑戦状 (一迅社文庫アイリス)感想
おもしろかった。メイン二人のラブ度は薄いっちゃー薄いけど、精神的な深さというか、無意識でのお互いへの執着が逆にそそられますね!続篇ちょー希望!伏線がちらほらあるので期待してもいいのかな、て思いますが。
読了日:4月27日 著者:朝戸麻央
アンフォーゲタブル (幻冬舎ルチル文庫)アンフォーゲタブル (幻冬舎ルチル文庫)感想
他の新聞社シリーズのキャラもちらほら出てて、ニヤリとしながら読破。一穂さん文章力とセリフのリズム感は安定してます。ページ数が少なめだからか、設定が空白の17年だったからか、展開が急変するような感覚があったけど、その空白があるからこそ、というのもこの話には大事なことで、これは何度も読んではその時その時の感じ方が得られるんじゃないかと思います。
読了日:4月22日 著者:一穂ミチ
甘い手、長い腕 (ディアプラス文庫)甘い手、長い腕 (ディアプラス文庫)感想
ハラハラすることなく、心に余裕をもって読めた作品。真尋が可愛いんだけどしっかり我も強くて良い受ですな。成人してるんだけど学生っぽく感じるのはイラストの影響か。
読了日:4月21日 著者:一穂ミチ
嘘つき姫と竜の騎士 ~大舞台の後始末~ (ビーズログ文庫)嘘つき姫と竜の騎士 ~大舞台の後始末~ (ビーズログ文庫)感想
さりげにイチャコラしてる二人が良いな。まだ続編希望なんだけど、これで終わりみたいなこと書いてあった残念。とにかくキャラが魅力的なのでもっと追いかけていきたい作品。
読了日:4月19日 著者:風羽洸海
スキップ・ビート! 34 (花とゆめCOMICS)スキップ・ビート! 34 (花とゆめCOMICS)
読了日:4月6日 著者:仲村佳樹
京恋路上ル下ル (ディアプラス文庫)京恋路上ル下ル (ディアプラス文庫)
読了日:4月6日 著者:夕映月子
灰と王国1 北辺の闇灰と王国1 北辺の闇感想
読みたくても以外と見つからないタイプの重厚なファンタジー。しかし、ファンタジー色は実はあまり目立たない。これはある少年の人生のお話。派手な動きはないけど少年フィンを通して読み手も出会いや別れや悲しみ喜びがじんわり胸の奥まで沁みこんでくる。とにかく忍耐の1巻ですが、合間に天然娘レーナさんや妹さんとのやりとりが心を温かくしてくれて、最後までダレることなく読めました。このお話の次世代話であるビーズログ文庫の嘘つき姫~を読んで作家さんの文章・世界観に惚れました。これは合わせて読むべき。続きが楽しみ!
読了日:4月6日 著者:風羽洸海
テンカウント (1) (ディアプラス・コミックス)テンカウント (1) (ディアプラス・コミックス)感想
大好きな宝井さんの作品。実はいつも小説の挿絵ばかり拝見しており、ご本人の作品を読むのは初だったりします。イメージどおりの作風で、この独特な流れが絶妙なのがとても素晴らしかった。ゆったりしたペースで進むんだけど、焦燥感みたいなのは感じず、ああ、ああ、て溜め息がでちゃう切なさというか、城谷さんめちゃけなげでカワイイ!というか、黒瀬くんの無愛想だけど隠しきれてない優しさと恋情がたまらん!とか、とにかく続き早よ!という結論にたどりつきました。他の作品にも手を出す勢い。
読了日:4月3日 著者:宝井理人
【Amazon.co.jp限定】 F‐エフ‐ 黎明の乙女と終焉の騎士 書き下ろし小説ペーパー 付 (角川ビーンズ文庫)【Amazon.co.jp限定】 F‐エフ‐ 黎明の乙女と終焉の騎士 書き下ろし小説ペーパー 付 (角川ビーンズ文庫)
読了日:4月1日 著者:糸森環

読書メーター
スポンサーサイト
[ 2014/05/03 18:34 ] 読書記録 | TB(-) | こめんと(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。