happy m’s

シアワセは空に浮かんでたり、道端に咲いてたり、手の平にあったりするのです。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

7月分読書記録

2015年7月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:2163ページ
ナイス数:25ナイス

雪よ林檎の香のごとく 林檎甘いか酸っぱいか~青~雪よ林檎の香のごとく 林檎甘いか酸っぱいか~青~感想
同人を購読してなかったので、こうしてまとめて商業誌にしてもらえたのは本当に嬉しい。志緒ちゃん15才から18才までの物語。年の差、経験の差、そして先生と生徒の差。それらによるそれぞれの苛立ちと葛藤。二人の心情が丁寧にじっくり書かれていて、心底この作品が好きだなぁと実感した。志緒ちゃんの少年から青年へと成長する過程がまぶしい。さて、月をまたいで次は“赤”を読む。
読了日:7月31日 著者:一穂ミチ
歩のおそはや ふたりぼっちの将棋同好会 (集英社オレンジ文庫)歩のおそはや ふたりぼっちの将棋同好会 (集英社オレンジ文庫)感想
ルールはもちろん駒の名前や役割もてんでわかってない将棋ですが、興味だけはあって思わず購読。こんな男っ気ゼロな話を読んだのはいつぶりだろうか。これは夏休みの今読むのが合ってる気がします。物語の中の風景や雰囲気を味わえる。思春期独特の挫折と前向きさに、私も何かを始めたいと思ってしまう、そんなお話でした。
読了日:7月26日 著者:杉元晶子
引きこもり魔女の結婚 祝福は黒衣の悪魔と幽霊城で (一迅社文庫アイリス)引きこもり魔女の結婚 祝福は黒衣の悪魔と幽霊城で (一迅社文庫アイリス)感想
前作が気に入ってたので作者買い。おもしろかった!魔力の強いヒロインですが、これまでの経験上、自分のことを卑下する傾向があるのは仕方ないとして、それでも強くあろうとする姿勢が可愛かった。王子なぁ。うんキライじゃない。むしろ好感はある。でもヒロインに対してもう少し気遣いを!みたいな。病弱な両親(陛下と妃!)がいいキャラしてた。何度でも読めるお気に入り作品です。
読了日:7月25日 著者:三国司
時をかける眼鏡 新王と謎の暗殺者 (集英社オレンジ文庫)時をかける眼鏡 新王と謎の暗殺者 (集英社オレンジ文庫)感想
続編。1巻と同時に買ったので勢いのまま楽しく読了。メインキャラ達の絆が強くたくましくなっていくのが嬉しい。遊馬、可愛がられてるなぁ。1巻ではインパクトの方が大きかったので気にならなかったけど、2巻となると事件の真相…というか犯人(?)についての扱いが軽いというか浅いというか。王宮モノとしては面白く遊馬達のやりとりや行動などワクワクしながら読めるんだけどな。ミステリ的(法医学と言えばミステリでしょ/笑)には物足りなく感じました。でも3巻出たら買うぐらいには良いシリーズ。
読了日:7月23日 著者:椹野道流
時をかける眼鏡 医学生と、王の死の謎 (集英社オレンジ文庫)時をかける眼鏡 医学生と、王の死の謎 (集英社オレンジ文庫)感想
ずいぶんと久方ぶりに椹野さんの作品を読みました。ベテラン作家さんだけあって安定したストーリー展開と文章。つまづくことなく最後まで楽しめた。やはりキャラがいいですね。それぞれの役目をきっちりこなしてる感じ。トリップものファンタジーとしても法医学視点のリアルものとしても面白かった。
読了日:7月23日 著者:椹野道流
一の食卓 1 (花とゆめCOMICS)一の食卓 1 (花とゆめCOMICS)感想
新作が出てるとは知らず、慌てて購読。樹さんの描かれる斉藤一。クールビューティーで怖かっこいい!駄々漏れの色気と、それでいてさえざえとした迫力の表現力にさすがとしか言えない。そんで明ちゃん可愛いのぅ。悲惨な過去を持っていながら働き者で元気なヒロインは大好きだ。明治初期のパン屋さんと当時の権力者に新撰組。なかなか面白くこれからの展開が楽しみ。そして樹さんの描かれる金髪美人はあいかわらず素晴らしいの一言。フェリさんいろんな意味で魅力的すぎる!
読了日:7月21日 著者:樹なつみ
詐騎士〈4〉 (レジーナ文庫)詐騎士〈4〉 (レジーナ文庫)
読了日:7月15日 著者:かいとーこ
幽霊王子の理想的な姫君 落ちてる幽霊は俺の嫁 (一迅社文庫アイリス)幽霊王子の理想的な姫君 落ちてる幽霊は俺の嫁 (一迅社文庫アイリス)感想
前作の印象が薄かったので、購読するか迷ったけど、今作は面白く一気読みできた。ヒロインのそこそこ前向きで、見かけによらず度胸がすわってる性格のおかげで、ヒーローの幽霊しか信用できないというモヤっと感が「いずれ理解できるはず」と期待がふくらんで、それすらも展開の隠し味的に楽しめた。それぞれのキャラの動きがスムーズで途中の倦怠さは感じず。気軽にさらっと読める作品でした。
読了日:7月12日 著者:佐槻奏多

読書メーター
スポンサーサイト
[ 2015/08/13 18:29 ] 読書記録 | TB(-) | こめんと(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。