happy m’s

シアワセは空に浮かんでたり、道端に咲いてたり、手の平にあったりするのです。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

8月分読書記録

2015年8月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:2958ページ
ナイス数:44ナイス

偽姫 血族の花嫁と捕食者たち (コバルト文庫)偽姫 血族の花嫁と捕食者たち (コバルト文庫)
読了日:8月31日 著者:藍川竜樹
偽姫 乙女の選択と下剋上な猟犬たち (コバルト文庫)偽姫 乙女の選択と下剋上な猟犬たち (コバルト文庫)感想
面白くないわけじゃないんだけど、どうにも読み進むのに時間かかったなぁ。今回の事件に関してはなんとなく予想がついたから、というのもあるかもしれないけども、メイン二人の微妙なスレ違い想いがじれったく感じたのもあるかもしれぬ。もう少し勢いが欲しかったかな。さて、次巻はあるのかどうか。ここで終わっても不思議じゃないようなシメでしたし。できれば最後までくっきりはっきりな結末が読みたいものです。
読了日:8月31日 著者:藍川竜樹
心臓がふかく爆ぜている (幻冬舎ルチル文庫)心臓がふかく爆ぜている (幻冬舎ルチル文庫)
読了日:8月31日 著者:崎谷はるひ
乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…1 (一迅社文庫アイリス)乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…1 (一迅社文庫アイリス)感想
似た設定の別作品は面白かったけど、こちらの方は様子見で…と思ってましたが、レビューが好評だったのもあり結局購読。読んで正解。別作品とは違う面白さがあった。私はこういう(悪役令嬢だけど)ヒロインの一生懸命で勢いがあるキャラが好きなんだな、と(笑) まだ序章というところなので、本編と言えるであろう次巻が楽しみ。婚約者殿の王子推し。(訊いてない)
読了日:8月26日 著者:山口悟
ひきこもり姫と腹黒王子 vsヒミツの巫女と目の上のたんこぶ (コバルト文庫)ひきこもり姫と腹黒王子 vsヒミツの巫女と目の上のたんこぶ (コバルト文庫)
読了日:8月22日 著者:秋杜フユ
ニアリーイコール (ディアプラス文庫)ニアリーイコール (ディアプラス文庫)
読了日:8月16日 著者:凪良ゆう
手をつないでキスをして (ディアプラス文庫)手をつないでキスをして (ディアプラス文庫)
読了日:8月13日 著者:名倉和希
アルバート家の令嬢は没落をご所望です (2) (角川ビーンズ文庫)アルバート家の令嬢は没落をご所望です (2) (角川ビーンズ文庫)
読了日:8月13日 著者:さき
詐騎士(さぎし) 5 (レジーナ文庫 レジーナブックス)詐騎士(さぎし) 5 (レジーナ文庫 レジーナブックス)
読了日:8月6日 著者:かいとーこ
雪よ林檎の香のごとく 林檎甘いか酸っぱいか~赤~雪よ林檎の香のごとく 林檎甘いか酸っぱいか~赤~感想
志緒ちゃん19才から24才までのエピソード。青に続いて読了。なんというか、こんな贅沢な作品があっていいのかとひたすら感動してる。短編集ではあるけど、時系列に沿って編集してあるので、彼らの歴史というと大げさかもしれないが人生の喜怒哀楽を側で見ることができた、この充足感。志緒ちゃんはいつまでもいつでも志緒ちゃんで、先生もどこまでも先生で。最期の指輪にトドメさされてほんと私の方が幸せになれた。二人の会話や言動、心情の描写が見事。ブログの番外編でまた先生の可愛さに悶えた。
読了日:8月2日 著者:一穂ミチ

読書メーター
スポンサーサイト
[ 2015/09/06 22:28 ] 読書記録 | TB(-) | こめんと(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。